DAILY。DIARYではなくDAYLY

Diaryだと毎日書かなあかん気がするので、抑え目にDayly。日常?意味分からんね。

まぁ日常生活の中でちょっとあった事、思った事をたまに書く不定期連載。

2016/04/03 次の世代にアピールする、BMS作成の方向性

こんにちは。スケユーです。掲示板に書いた通り、私のこれからの計画を少しだけ書いてみようと思います。 今は勝手に私が思っている事なので、スルーしていただいて結構です。でも、軌道に乗り出してきたら、 皆さんにも協力して頂きたいのです。はじめていきたいと思います。

 

まず初めに、そもそもここまでBMS作成技術が伝わらなかった理由を、完全な私の主観で、挙げていきたいと思います。 あくまでも私の個人的な見解です。どうしても許せない発言だと思ったら、掲示板に意見の投稿をお願いします。

 

・崩壊が見え始めてきたのは、2009年。ささくれ先生が自身のHPでのBMS公開を停止&vocaloidでのニコニコ動画投稿開始だった気がします。

それ以前からも、少しずつ、過去の製作者様が引退されていました。私の周り、アニメ曲コピーBMS界隈だと、KODAMANIA様が2004,5年あたりに消え、gyaooooo様が2008年辺りに消え、 そもそも初心者作者が製作に必要だった、dan様の「MusicBox」が2008年辺りに突然消えて、この辺りが崩壊の始まり。そして、ささくれ先生の意向。この頃の私は、仕事に追われ、ゲーセンに行く暇もなく ひたすら毎日の業務をこなす日々。ああ、ちなみに私は2004年頃に引退しています笑どうでもいいし、そもそも有名じゃないし、本当どうでも良いですね。 まぁでも、私は別に、若い子たちが勝手に技術覚えて、普通にBMS界隈は続いていくのだなぁ、と思っていました。

 

・そして、検索にヒットしなくなった。

なんかおかしいな、と思ったのは2010年くらい。それまでは、グーグルで「(例)BMS 堀江由衣」と検索すれば、割とヒットしていたはずなのに、 検索でヒットしなくなってしまったのです。代わりに大量にヒットしだしたのは、ニコニコ動画のbms動画。しかも「キー音無し」。 おい!若いお前らwwwwダメだろ!ちゃんと耳コピして、演奏感出るような工夫しろよwwwwけいおんの曲の「キー音無し」が大量にヒットし出したのは、 多分この頃です。danさんのMusicBoxが無くなってしまった以上、楽器音は自分で探して出すしかない。初心者で、オタク学生の若い子たちに、そんな 出費を払う余裕はない。もちろん、フリーで出す方法もあるんです。しかし、アニメ曲コピーBMS界隈に、お手本となる偉大な先生が 存在しなくなった為、見本が無いから表現の仕方がわからない。周りも喜んでいるし、それでいいや。作るの楽だし。

多分、この頃のアニメ曲コピーBMS界隈は、こんな感じで突き進んでいた様な印象を受けました。諸先輩方が、 例えぶっこ抜きでも、一生懸命そこに「danさんの音を加えて、自分たちができる事を」精一杯やって書いた、「演奏感」という、文字を、 「製作スピード上がるし、いっぱい作れるし楽しいし、音でなくても楽しいし」という ペンキで塗りつぶしていた様な印象を受けました。

※確かにまだ裏では、BOFU等のイベントも多々あります。しかし、アニメ曲コピーBMS界隈とこの世界は、意外と接点がない印象を受けました。 アニメ曲オタと、BMSファンは、似て非なるものです。よって、純粋にアニメ曲コピーBMS界隈の盛り上がりには影響しないため、 BOFUがいくら盛り上がっても、こっちには関係ないのです。しかし、「アニメ曲オタの進化版がBMSファンである」ため、この層が 盛り上がらないと、そっちに進化しないため、BOFUに期待の新人が入って来ないんじゃないか、という印象を私は持っています。違ったらすみません。

 

・そして完全に無くなった、「演奏感」のあるアニメ曲コピーBMS

私がやっと作成をできるようになったのは、先々週。笑。そして、KOMPLETE10Uの音を譜面に流しながら、今、思うことは、「ああ、もう次の作品は絶対いい感じがする。音が綺麗すぎるんやもん」。 でも私は、全然悲観していないですよ。どん底なんです。これ以上下がる事はないから、後はただ、上げていくだけですよ。 今、私にできる事は、ただ作る事。作るのは旬の曲です。そして、新勢力をお迎えできるように、私の技術を確かなものにしていくだけです。

そして、掲示板の話題にはいる訳です。これからのBMSのあり方、これからのBMSのスタイル。もはや、BMSは家にこもって、PCの前でやるものではないですよ。 Malodyをプレイしてわかりました。これが次の世代のBMSスタイルなんだな、と。どこでもできるんです。自分が作ったBMSを、持ち寄って遊ぶんです。 場所は関係ないんです。どこでも、いつでも、できるんです。

掲示板にも書いたんですけれど、私はこれに、自分のファイルが対応するように作らなくてはいけません。そして、それを公開したら、まずはあなたがやってみて下さい。 私は楽しいと思ったんですけれど、どうですかね?とりあえず、android用BMSプレイヤーにも対応するように考えていこうとは思います。

 

・後輩たちに技術を正しく伝えていかなかった、諸先輩たちの贖罪。そして。。。

自分たちが、一生懸命試行錯誤して、それこそ血を吐くような努力をして、得た技術は、早々簡単に他人には教えたくないですよね。 でもそれがいけなかった。それがアニメ曲コピーBMS界隈の衰退に繋がったのです。私たち、ファミコン世代と、スマホでゲーム世代は、 確かに技術習得レベルに差があります。私たち、一個一個勉強しましたよね?初めてHPのタイトルにHTMLで、「<H1>スケユーのHPへようこそ</H1>」と入力した日の事覚えてますか? 凄い凄い感動しましたよね!笑。しかし、苦労したからお前らも苦労しろ、というのはちょっと違うと思うんです。 「最近の若い子たちは、pcを触らない、スマホだけ。だから覚えられない」それも違うと思うんです。いつの時代、いつの世代だって、やたら専門分野に強い奴はいます。 期待の新人が出てこない、んじゃないんです。本当に知らないだけだと思うんです。今の時代の強者ですか?いますよ。今頃、モンストの無課金トップランクをひた走ってますよ! 今頃、初音ミクに歌わせて、毎日DTMしてますよ。彼らを取り込まないと、続かないですよ。

諸先輩方も、自身のHPで素晴らしいBMSを公開されていました。 しかし、作るの大変だったとか、しんどかったとは書いても、MIDIのここを、こう並べると今回作ったココの箇所が表現できます、みたいな表記は一切見たことがないんです。

「だから伝わらなかったんですよ。」

いいじゃないですか。

私、今頑張って作ったから言えますけれど、その程度の情報で、私たちの努力が簡単に初心者に得られるとはとても思えません。 最後まで完成させた時に得られる、大きな経験は、完成させた本人にしか得られません。その手前の導入部分くらいなら、教えても痛くもかゆくもありません。 はぐれメタルを倒して、レベル1の商人に分け与えた10000の経験値と、そこに至るまでに私たちが一生懸命努力して、 やっとはぐれメタルが出現するエリアに到達し、簡単に倒せるようになったレベルに到達するまでに得た10000の経験値は、同じ10000でも重みが全然違います。 「俺たちも0から覚えたんだから、お前らも0から頑張れよ」と言うのは、いささか乱暴な気がします。だから私は、文字通り、つまづいて転んで、知った得た「すべて」を教えようと思っています。 もう少し製作スピードが落ち着いてからです。乞ウゴ期待。なんちゃって笑。

 

 

話が長くなってしまいましたが、これで私が思い描いている絵のディテールは説明できたのではないでしょうか。もっとも、この絵はまだ色を塗ってないので、これから絵の具を集めに行かなければいけないんですが笑。 途方もなく大きなプロジェクトになる気がするんですけれど、少しずつゆっくり進めていきたいと思います。これ、私のライフワークだと覚悟しているので。 でも凄いですよね、これ。私、BMSと出会った事で、大きく人生に影響されているんですけれど。無名なのに笑。でも見てきた事、係わってきた事は本当に大きかった。凄い良い季節と時代を、他の作者様と一緒に過ごしてきたと思っています。 そして、次にそのバトンを託すのは、これから出会う10代、20代前半の若い子たちです。楽しみです。頑張ります!

 

2016/03/26 リカバーデコレーション反省会

こんにちは。お久しぶりです、スケユーです。なんかDaylyを更新するのもほぼ2年ぶりなんですけど。。。毎日更新じゃないから、 別にいいや、と思ってはいないけど、これはひどいです。今後は気をつけます。

 

さて反省会です。まず今現状で抱えている問題点を上げていきます。

 

・BGAが汚い(←16/04/ 対応策実行中。)

最重要課題です。BMSって結局は曲と絵です。映像が汚いと話にならない気がします。そんな事よりも動画を256*256で作成していなかった緊急事態発生!!新作アニメが始まる前で本当に良かった!!!!頑張って直します!

 

・ありすみさんのボーカルの、言葉が切れているのが気になる。(←ver1.11において調整。現在実行中。)

これは早めに直したいですね。「ちょっとずつ」が「ょっとずつ」、「きみに ちかずいたら」が「ぃみに ぃかずいたら」。これらは 全て、エフェクトで掛けた「GATE」が効きすぎているのが問題です。理由はあるんです。ありすみさんから頂いた、元々のwavがそもそも、ノイズ だらけで、どうしようもなくやむなく、GATEでごまかしたんです。そしたら、効きすぎて大事な言葉が切れちゃったんです。 だったらココに書く前に直せよ、というところですが、ちょっと製作疲れた笑 いや直すよ。

 

・CubaseとSoundengine freeの連携がうまくいってない。音圧が下がる。

これも最重要課題です。そもそもSoundengine freeでやってるのが問題なのかな、と。便利なんでついつい使っちゃうんですけれど。 なんか、全てのトラックをStereo outで書き出して、変換するのは大丈夫なんですが、楽器の音を一音一音切り出していくと、音圧が下がる気がするんです。 多分、全体に掛かるコンプと、楽器一音一音に掛かるコンプと、掛かり具合が若干変わる気がするんです。この辺りを、うまい製作者さんはどうやって 乗り越えているのか、友達になって聞かないと分からないです汗

 

・このはな*さんのボーカルなど、一部の音の一部分が割れている気がする。

そういう訳で、音圧が下がるもんだから、苦肉の策で、大事なボーカルとかにトラック単体でslate digital fg-xなどを ごまかしで掛けちゃったりしたもんだから、そりゃ割れますよね。これは反省。ようはSoundengine freeで音圧が下がる事を 見越して、元々の製作をちょい音圧大き目で完了させるのが良い気がします。Cubaseのプロジェクトをそのまま 編集できれば本当はいいんだけどね。いや、できるんだけどやりにくくて面倒くさい笑

 

・BGAの動画が長すぎる気がする(←Ver.1.12にて修正。)

どういう意味か。前に、「1分以上の音声ファイルは、LRで困る」的な事を聞きました。同じように、動画も長すぎると 色んな事で困るのかもしれないですよね。ぶっちゃけEX譜面の動画の後半、遅れてるし。 これも後日直します。一個一個を30秒くらいに合わせて。

 

・確実に製作期間が掛かりすぎ。もっと考えて作るべし

もうね、時代はアプリですよ。利用できるものは何でも利用せよ、ってね。全ての音楽器を一音一音、原始的に処理しようと した事がそもそも間違っとった!!!!!! midi2bmsを利用するとかね、woslicerIIとかね。DAWの製作プロジェクトも、それ前提で組まないとダメっす。社会人が 昔みたいな原始的な事をしていたら、死んじゃいます!!(実際、精神状態が変になっていた瞬間があったからマジワロエナイ)

 

 

以上が今思いつくかぎりの問題点かな。とりあえず、直せるところは頑張って直しますけれど、春アニメが始まったら、そっちメインで 頑張るので、以上の点は分かっている上で公開しているので、許してください、ね?汗汗

 

2014/11/09 これは超便利っ!耳コピツール

こんにちは。みなさんが普段、耳コピする時に使っているツールって何ですか?私も耳コピ歴10年余り。古くから使っている物から、 最近見つけたものまで、自分にとてもあったツールを使って、製作しています。 今回は、私が愛用しているツールの中から、特に便利だと実感しているものを、いくつかご紹介したいと思います。 みなさんの愛用品になると良いですね^^)b

 

聞々ハヤえもん

有名なツールのひとつ。様々な拡張子に対応しており、再生速度の変更や、音程の変更、音声出力の左右バランス、 低音域や高音域など、特定音域のブースト、更に、編集した結果を新たなwaveファイルとして書き出す事ができる等、 かゆい所全てに手が届く優れもの。しかもフリーソフトだから恐れ入る。これのおかげで、耳コピも随分楽にできる様になりました。 私の今後の人生にも恐らくずーっと関わり続けていくであろう、最高のツール。 残念なのは、Macに対応していない所。まぁそこは、仮想ソフトで動かせばいい話なので。お勧め度★★★★★。

 

歌声りっぷ

これまた有名なツールのひとつ。CDに、オリジナルトラックとカラオケトラックがあったらもう完璧。 このアプリに突っ込めば、いとも簡単にボーカルのみが取り出せる。歌を歌う人は、本人の歌い方やブレスの取り方を 肌で感じられるほど、しっかりと綺麗に取り出せるのでお勧めだし、私たち製作者も、仮歌として、自分の作成したmidiに 取り込めるので非常に便利です。お勧め度★★★★☆。

 

ALLREC SOUND カッター

私が愛用しているツールの中でも、実に古くから使用している物のひとつ。waveファイルを、0.00001秒あたりから、 細かく切り刻むことが出来る優れもの。精度もそれほど悪くはないので、例えば『~~に中毒になる動画』作成には、 非常に神のツールとなるのではないだろうか。私は作った事ないけど(笑)

ただ残念な事に、シェアウェアとなっているので、基本的にはお金が必要。まぁ安価ですし、一応ゴニョゴニョ (払わなくても使いつづk(以下略)なので非常にナイスなツールです。死ぬ前に絶対払うよ(汗)お勧め度★★★☆☆。

 

 

耳コピ、という点で優れていると思うものを3つ挙げてみました。 (一部を除き)お金がかからない、というのは、本当に助かりますね。それぞれの作者様に本当に感謝です。 今後のみなさんの活動のお役に立てて頂けたら幸いです。

 

2014/11/04 ぶっこを止めて、midiからはじめた理由。後編。

何故か毎日書いている。不定期連載なのに・・・。いやでもこの内容は語りたくなりますよ。楽しいですもの。 それにいつか誰か、bms製作に興味を持って頂けた方に、参考になると思うからです。本当の本当の初心者が 歩んできた道のりっていうのが。楽しみに待っていますよ^^。

さて、前回のお話で出てきた「Domino」と「Proteus VX」に関して補足です。 初心者になるための耳コピMIDI講座というサイト様があります。 このサイト様のお陰で、DAWの仕組みとか、基礎的知識を学ぶ事が出来ました。 内容は少しハードですが、当時の私でも何とか理解出来たので大丈夫です。(いや、実際は半分くらいしか理解してなかったですが、 何とかなったので頑張って読んでみて下さい。) これを読んでいたかいなかったかで、今のCubaseへの理解度も、だいぶ違っていたのではないか、と思っています。

 

さて本題に戻ります。前回ようやく、「Cubase Essential 5」との出会いを果たした訳です。 正直言って、Dominoに慣れていたせいもあり、最初はとっつきにくかったです。しかし、 今となってはこれが常識であり、唯一の存在であります。(嘘。本当はLogic pro Xの扱い易さはその上を行っていました(あ

これでやっと私も、有名製作者の一人として、名を馳せる事になる、つもりだったのですが、行き詰まりましたorz

結局この活動を続けている人、みんながみんなぶつかって、越えられる人と越えられない人で、 有名か無名かを決定付ける最大の大きな壁に、例に漏れず私もぶち当たってしまった訳です。

ここまで書くと、この活動を続けている察しの良い人なら気づくと思いますが、そうです。 ミックスとマスタリング、コンプとEQです。これ以外にないでしょう。 本当にここが正念場。腐るほど関連書籍が出ている訳です。しかし、こればっかりは経験と感覚の世界。 この状態を打破するには、私一人では無理だと判断した結果、DTM教室に通う事になった訳です。全てが繋がりましたね。 とにかく、今この日記をあなたが読んでいる、という事は、私はその壁を(何年掛かったか分かりませんが)、無事乗り越えられた、という訳ですね。

(追記。この文章は、私の友人や知人、たまたまやって来たあなたに宛てた物ではなく、bms活動を無事再開できた後にやってきた方に宛てている、 未来日記のような物です。要するに今は、ちょっと痛い日記です。2014/11現在。いつかこの一文を削除します。)

(追記。2016/04まだ消せない。でも、何か見えてきた気はする。この文章を書いていた頃の自分を懐かしく思うくらい。。。)

 

ココまでのご閲読誠にありがとうございました。実際に壁を乗り越えた経緯は、後日語る事になるのでしょう。

ともかく、ここまでの道のりも長く、ここからの道のりも長い事でしょう。今後ともよろしくお願いします。

 

2014/11/03 ぶっこを止めて、midiからはじめた理由。中編。

やはりネックだったのは「著作権」でした

ぶっことはいえ、そこに伴奏をつけて、自分の作品として公開している以上、いつまでも他人の著作物を、無許可で配布し続ける行為に 疑問を感じていました。まぁみんな分かってやっていたんでしょうね。みんなでやれば怖くない、みたいな。

しかし、大学生の間は「子供の火遊び」で済んでいたとしても(それでも、やってはいけないに決まっています!) 社会人になってからもそのままの活動を続けていて、果たして良いのだろうか。 自分は、ある程度耳コピもできていたので、何とかCDから聞こえてくる全ての音を、全て聞き取って譜面におこせないものか、と考えていました。 そして、残念ながらお金のない私は、フリーソフトでmidiを作る方法に辿り着いた訳です。それが前回お話した、 「Proteus VX」そして、「Domino」であります。

この二つは、謂わばソフトとハード。Dominoファミコン本体とすれば、 Proteus VXスーパーマリオなどのファミコンソフトになる訳です。 Dominoで楽譜を作り、実際に音として流れてくるのは、Proteusu VXの楽器音になるのです。 こうして、midiからbmsを作り出す行程は無事完成しました。終わり。

 

いや、終わんないですよ(汗)

DominoProteusu VXで製作する以上、どうしても必要になってくるのが、 ASIO 4 ALL(あじお ふぉー おーる)でした。ASIO 4 ALLは調べて下さい(投げやり。いや、自分も実際よく分かってない)

しかしASIO 4 ALLもフリーソフトである以上、どうも使い勝手というのがいまいちで、自分に向かなかったのです。 というか、何故かよく分からないのですが、製作活動をしている間、 製作作業以外のPCから流れてくる全ての音がシャットアウトされてしまう為、 製作をしながら動画を見るという贅沢な事ができなくなってしまうのです。もとい、 製作をしながら元音源を耳で聞き取るという事ができなくなってしまうのです。これは不便。

何とかならないのかなーと考えていたのですが、結局ここで初めて金を使う事になってしまうのでした。 そうですね、オーディオインターフェイスの登場です。これが無いと、DTM製作は始まりませんよね。 MU2000の事もあって、何故かYAMAHAびいきになっていた私が選んだのは、「steinberg(すたいんばーぐ)CI2+(しーあいつーぷらす)」でした。 そしてこのCI2+の付属としてついてきたのが「Cubase Essential 5(きゅーべーす えっせんしゃる ふぁいぶ)」でした。

・・・・・・・・・やっっっっっと繋がった・・・!!!ご閲読お疲れ様でした。m(_ _)m

 

次回へ続く(マジか!?)

追記:midiでbmsを作って配布していても、それが誰かの著作物である限り(元の曲というものが存在する限り、その曲の作曲者の没後あーこの先は自分で調べれ!) グレーゾーンではあります。ここにお金が絡んでくると、初めてアウトになる訳です。 この活動が許されるのは、非商用目的の同人活動であり続ける限り、であります。

 

2014/11/02 ぶっこを止めて、midiからはじめた理由。前編。

bmsとの出会いは、大学の2年の時でした。(実際にbmsをbmsとして認識してないまま、遊んでいたのは、確か高1か2年の時でした)

当時の主流は、アニメの曲のぶっこ。まぁぶっこに、DanさんのMusicBox (な、懐かしい・・・)の楽器音を若干充てて配布、という形がとても多かったです。
(※ぶっこ、とは。CDからwavファイルを書き出し、そのwavファイルを1:30程度に切り出し、 そのままbmsファイルに組み込む形。ぶっこ抜いて、という意味でぶっこ。物故とも)

私も例に漏れず、はじめの頃の作品はぶっこでした。そこにDanさんの楽器音を充てて、一応演奏感のあるbmsを作っていました。
(※DanさんのMusicBox、とは。Danさんという方が、自身のHPで配布していたファイル。 数種類のピアノ音、打楽器音などの楽器音集。)

大学卒業まで、その形で活動をしていました。就職前に、活動を休止して、そのままさよならーでした。

 

いや、とは言いつつも、根っこの部分ではやっぱり続けたいなーとか思っていて、当時まだbms活動を行っていた、ささくれUKさんにご相談した事も・・。 「何かささくれさんっぽくやれないっすかねー」「僕は触った事ないけど、YAMAHAMU-2000(えむゆーにせん)とかおすすめですよー」とか教えてもらったり。 今考えると、ささくれさん、それは初心者にはきつすぎますよー(´ω`;)

まぁこれは失敗に終わったんですけれど、ささくれさんが「私はMacの某環境が自分に合っていて、それで活動しています」というさりげないヒントを与えて下さったのが、後に生きてくる訳です。 多分これが、「私はLogic(ろじっく)を使っています」フラグだったのではないかなーと思っています。 私もDAWという存在は、大学の頃に少しだけ気づいていました。ネット仲間の「そこさん」という方が私に送ってくれた「fruity loops(ふるーてぃ るーぷす)」がそれでした。 しかし、まだ当時の私には難しすぎて、「何だこれ?」というレベルで、すぐにポイしてしまいました・・・そこでDAWの偉大さに気づいていれば、もう少し今の状態は違っていたかも知れませんね。

さて、Cubaseとの出会いがようやくやって来ました。某家電量販店の仕事を辞めて、実家に帰ってきた折、「暇だし何かやるかなー」と思って、 暇潰しにbmsを一個作っていました。でも、できればぶっこではなく、一から作りたいなぁ、と調べていた時に、出会ったのが「Proteus VX(ぷろてうす ぶいえっくす)」そして、「Domino(どみの)」でした。 これが私が人生で初めて本格的に触った、DAWになる訳です。ちょっと思っていたより長くなってしまったので、また後日に語らせて下さい。

 

あれ?まだCubase出てきませんでしたね?^^;

 

2014/10/27 それは近況。

最近の事。仕事はちゃんとやってますよ(え)

うちの職場では、正社員でないと、2年11ヶ月で解雇になってしまうんで、できる後輩くんが一人、 8月に抜けてしまった。 しかし、ゴニョゴニョ(自主規制)により10月より復帰。彼の新しい2年11ヶ月が始まった。

いやまぁぶっちゃけね、 正社員になるんですよ。彼。できる子なんで。うちの前の先輩(今は一応上の位にいらっしゃるんで上司)が 「なるよ」って 言ってたんでなるんです。何か事件でも起こさない限りはね?(苦笑)私が社員になる時も「お前は解雇前にはなるよ」 って言ってくれてたんで、本当になった時にはちょっと驚いた。裏の力を感じます(笑)

まぁその後の私が、仕事に熱中できず、ご期待に添えなかったので、今期で今の部署を異動する事になりました。 まぁその上司が、「心配するな、全然大丈夫。チャンスだから」って言ってくれたんでちょっと勇気出ました。

 

最近になって思えてきた事は、やっぱり人の世の中って、人との繋がりなんだなって。こんな仕事出来ない子の私が それでも使ってもらえて周りから信頼されているのは、私がそれなりに職場のみんなと仲良くしてて、(普段意識していないのですが) 仕事できないけれど、できないなりに何とかしようとしているのを、誰かが見てくれているって事なんですよね。 部署異動は残念な事ですけれど、新しい部門を一から立ち上げるという事を、本当にチャンスとして捉え、一生懸命に勉強して来たいです。

という訳で、今はその後輩くんに私の仕事を引き継いでいる最中。後輩くん、頑張ってくれ。私の後を頼むぞ(笑)あ、でも、 私の目にはあと一人、同じ部門のできる子が映っています。その子はあまり周囲と絡む事が少ないのですが、 とても優しくて穏やかでいい子なんです。

私が抜けた後に、今の部門の正社員枠が一つ空くんで、 後輩くんと、いい子くんの二人が競う形になると、私は想像しています。 後輩くん、本当にそこに気づいて頑張ってくれ(汗)

 

話はネット活動に移行します。

2014年6月より、DTM教室に通い始めました。そんな事をして、うまくなるなんて 甘い事は思ってはいなかったんですけれど。ぶっちゃけますね。 プロの先生ってやっぱり凄いと思います。最近の私、自分で言うのもなんですけれど、変わりました。

耳コピしながら、「この曲のキーはBだから、トニック、ドミナント、サブドミはこれでー」 とか普通に考えるようになったんですね。 今まで作っていた作品、何も知らなくてもそれなりの形になっていたのを、 今改めて見返すと、俺(の耳)って凄いなって自画自賛(おい)

まぁその反面、出来ていないこともチョー見えるようになってしまったので、 これで公開していたかと思うと凄い恥ずかしい///

そういう訳で、楽しみながら勉強しているので、これを形にしてみなさんに公開できるようになるのは、 もうちょっと先だと思います。ごめんなさい、 でも待っていて下さい。きっとちゃんと活動を再開できるようになってみせます。 今はコラムページをご覧頂いて、どれがBMSになるかwktkしながら 待っていて下さい。

よろしくお願いしますm(_ _)m